キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 日本の歯科事情 : 横浜の歯医者セオリー

日本の歯科事情

横浜などでも、歯医者になるためにはお金が大変かかり、実際にお金を稼ぐまでに何年もかかります。

横浜の歯医者セオリーmain画像

日本の歯科事情

日本では、歯医者になるためには、私立大学または国立大学をまず卒業する必要があります。

私立大学の場合、大学の費用だけで最低3000万円はかかります。

しかも、これはあくまで学費だけで最安での話です。

これにプラス生活費やなんやらを加えたら多大なお金がかかることでしょう。

歯科大学は6年間のため、通常は親にだいたいの金額を出してもらい、生活費ぐらいは自分でアルバイトをしながら貯めることでしょう。

次に、大学が終わったら国家試験です。

国家試験を受ける際は、大体自分の大学の先生が自分の生徒が国家試験に受かるように、過去問のようなものを勉強させます。

どんなに勉強をしない生徒でも、このような過去問をしっかりと勉強すれば、国家試験はパスできます。

国家試験をパスした時点で、あなたは歯科医になれます。

歯医者さんです。

そこからは早いです。

大学病院の歯医者に所属しようが、街の歯医者になろうが全てOKです。

患者さんからしたら、新米の歯医者だろうと関係なく、普通の「先生」としてあなたを見ます。

そのため、逆に自分の技術に自信をなくして挫折をしたり、もう一度歯医者の技術の学校に行く人も少なくありません。

そうすると、また学校に行かないといけないため、お金がかかってしまいます。

その後、再度チャレンジしたとして、5年から10年したら、自分の病院を開業できるでしょう。

そこから、ようやくお金が稼げるようになるでしょう。

横浜や東京などどこででも、この方法は変わりません。

さらに、東京より横浜、横浜よりもっと田舎の方が、あまり収入が入ってきません。

Copyright www.businexthome.com.All Rights Reserved.

当サイト(横浜の歯医者セオリー)の記事・画像などの無断転用を禁止します。